血液ドロドロ状態だった私の体験談

血液ドロドロ状態だった私の体験談

ビールっ腹に加えて、私は中性脂肪がとても多く、血液はもうドロドロ状態でした。そして、そのように血液ドロドロ状態や中性脂肪が多く付いた状態になると、自分でも体感できるくらい体への変化がありました。 まず、血液がドロドロになると、ちょっとした事で手足がしびれてしまうことがあります。血液ドロドロ状態ですと血流が良くないので、ちょっと腕枕をして横になっていたら、かなり痺れてしまうようになってしまいました。 また、中性脂肪が多くなると、メタボリックシンドロームと診断されてしまうことがありますが、私も例外なくメタボリックシンドロームと診断されて、お医者様から中性脂肪を減らす努力をするように叱られてしまいました。 特に中年の男性に多いのが、中性脂肪と血液ドロドロ状態です。なので、そのような方は、その予防と対策が重要だと思います。私の場合は中性脂肪の多さと血液ドロドロ状態を健康診断で知り、病気が怖くなってその予防と対策をするようになりました

Copyright (C) 中性脂肪を減らす方法 All Rights Reserved.